自分が太陽になる



 自分が太陽になれば、問題を争うことなく解決出来る。と小林正観 は、「心を軽くする

言葉」で書いている。


  



 これは、いったいどういうことか?
 
  良寛という多くの人に慕われていたお坊さんがいました。
 
  そんな中、良寛さんを妬んでいた人がいました。

  村一番の嫌われ者で、渡し船の船頭です。

  船頭は、「いつの日か 良寛が自分の船に一人で乗ってきたら落としてやろう」と考えて

 いました。

  幸か不幸か その日がやって来た。

  川の半ばまで船を出し、ゆらゆら揺らして良寛を船から落とした。

  良寛は、泳げない。

  おぼれかけて死にそうになるが、船頭も殺すつもりはない。

  「もう これくらいで勘弁してやるか」と良寛を引き上げる。

  すると、良寛はこういった。

  「あなたは、命の恩人だ。助けてくれてありがとう。このご恩は一生忘れません」
 
 良寛は、船頭がわざと揺らしたのもわかっていた。村人の評判もわかっていたはずだ。

  彼は助けてくれたお礼の言葉しか口にしなかった。

  その後、船頭は真人間になることを決意した。

 で、珍太郎が太陽なれるのか?
  要は、「人生の悪役に感謝できるか」だ                 

  関連記事:「悪役に感謝できるか