人生笑ったヤツの勝ち



 斎藤一人氏が、会社で辛いことなどがあると、それを「滝行だと思いなさい。」と

いっています。
  
     


これは、 いったいどう言うことなのか?

  ふつうの人は山奥まで行って滝に打たれているのに、職場に滝がある。

 「鈴木課長が怒ってばかりいるんですというのなら、鈴木の滝と名づけて、

いい修行だな。ありがたいな。感謝してます。

 「ここまで言ってくれるのは課長しかいませんよ。笑えたときに、人生は変わっちゃう

んだよ。」と

        

要は?
 
 「今日も、会社に滝でも打たれに行くか?」(笑)

 そして、上司から散々小言を言われたら、「ありがとうございます・感謝してます。」と

自分自身笑えるかどうか?

 「人生笑ったヤツの勝ち」であると、

で、珍太郎は、

 サラリーマン時代のには、いい滝が沢山あったが笑えなかったな(笑)