夢を紙に書く


紙に書くと夢が達成されると言うではないか?

例1:目標についての調査

    

 1953年にアメリカのエール大学で、卒業生に人生の目標について調査をした。

 @84%は、明確な目標がなかった。

 A13%は、明確な目標があったが、それを筆記していなかった。

 B 3%は、明確な目標があり計画を筆記していた。

 Bの人たちは、@Aのグループの32倍の資産をたたき出していたそうだ。

例2:イチロー選手
 
 小学生の時に、夢や目標を卒業文集に書いていたのだ。
 





 素晴らしい点が下記の二つある、

  「今日やることが明確になっている」

  「周囲に流されない覚悟を決めている」

 1.今日やることが明確になっている」
   
   イチローは、「3年の時から今まで356日、360日は激しい練習をやっています」と。

 2.周囲に流されない覚悟決めている。

  「だから、1週間中、友達と遊べるのは5〜6時間」と言っています。

  イチローには、友達に遊びに誘われても、夢や目標のために、断るという自分軸がある。

  周りに流されない覚悟である。

  成功するか?しないかというのは、自分の夢や願望を紙に書くか書かないの違いしかない。

なぜ、紙に書くと実現されるか?

 関連記事:「なぜ、紙に書くと実現されるか?