なぜ、紙に書くと実現するのか


なぜ、紙に書くと実現するのか?

 

脳のメカニズムにある。と神田氏は言う。

 簡単いうと、脳はあなたが質問をすると、高度なアンテナを張って必要な情報を収

集しはじめる。

 脳は、毎秒1000万ビットを超える情報を処理する。とてつもない能力を持っている

というのだ。

 例えば、洗濯機が壊れてしまった場合。

 「何んで壊れるのよ?この忙しいときに」

 愚痴をいいながら、新聞をめくっていると、「あっ なんて ラッキーなのかしら。

今週末、洗濯機の最新機種が限定で5台安くなっているわ」

 そういうチラシを発見するわけである。

 もちろん台数限定の安売りは、毎週やっている。

 にもかかわらず、「洗濯機が欲しい」という要求を脳に出さないと、脳は情報があっても

見えないと

 要は、

  紙に書くことで、脳が検索サイトでワードを入力した状態になる。

  Googleで「洗濯機」と検索し、脳が(毎秒1000万ビット)洗濯機を探しはじめるのだ。

  で、どこで、いくらで売ってると見つけてくれる。

  今まで、あったものなんだけど脳が検索したお蔭で、気づけるようになる。

  だから、使命感や夢を紙に書くことで、実現するスピードがアップすようだ。

  関連記事:「夢を紙に書く