エンディングノート


エンディングノートとは

  高齢者が人生の終末期に自身に生じる万一(死亡・介護)に備えて、自身の希望(介護

・医療・葬儀・財産)を書き留めておくノートだ。

   

背景は、

 @ 一人で暮らす高齢者の増加

  A 子供に迷惑をかけたくない。

メリットは、

 @ 病気や介護のとき、家族の負担軽減

 A 資産状況の把握

 B 死を意識することで、今を大切に生きる。

具体的に何を記載するの

 @ 自分の履歴
   (生年月日、学歴、職歴、住んでいた場所など)

 A 資産状況
   (銀行口座、カード、ローン、保険、年金)

 B 介護治療について
   (告知、臓器提供、終末治療への要望)

 C 葬儀の内容
   (どれくらいの規模、どの宗派、予算)

 D 電子情報
   (メールやネットサービスのアカウント、PCデーターの処分)

で、珍太郎は、

 50代独身の珍太郎にとって、後継のいない自分の後始末をどうするか?が課題

である。

特に、エロ本やエロ動画はどうする?

 関連記事:「遺品整理