ミニマリスト


なぜ、ミニマリストと言う生き方なのか?

   


 もう、大量生産・大量消費の時代は終わったのだ。

 人口減少の日本では、なおさらである。

 ソニーの井深会長も、晩年は、生産した商品が大量にあふれていることに疑問を

感じていた。

 そして、大量の商品が人間を支配しはじめたことに危惧を抱いていたそうだ。

 アベノミクスに期待して、バブルの再来に期待するのも一つの価値観だが、、、

 大量生産・大量消費による「もっと、もっと」と言う外からの洗脳を解く必要がある。

 そして、自分の内なる声を知ることが必要である。

 「自分が心の底からしたくてたまらない事」それ以外は手放す勇気が必要だ。

 必要のないもの(他人の価値観や常識)を捨て、自分が納得する生き方が

ミニマリストの生き方だ。

「自分が心の底からしたくてたまらない事」が見つかる方法は?

 「紙に、やりたくない、ことを書き出す」ことが一歩である。

 関連記事:「非常識な成功法則