最高の神事は掃除


 最高の神事(かみごと)、それは、「掃除」であると斎藤一人は言っている。

   


なぜ、掃除なのか

 神様は、汚いとこが嫌いできれいな処が好きなようだ。

 神社やお寺で、掃除が行き届いてないところはない。

 凛とした空気が、澄んでいて行くだけで、気持ちが洗われるよになる。

 家でも同じであるからだ。

家の場所と症例

 ○ 玄関が散らかっている。  → 何をやっても邪魔が入る。

 ○ 床が汚い。         → 先祖の加護がない。

 ○ 窓が汚い          → 先の見通しが利かない(情報が入らない)

 ○ 流しが汚い         → 胃腸や神経がやられる。

 ○ テーブルがゴチャゴチャ   → 企画がたてられない。

掃除の留意点

 眉間にシワを寄せて、完ぺきに掃除しようとしないで、明るく、楽しく、笑顔ですることだ。

で、珍太郎は何が言いたいか

 この記事を読んで、24時間以内に掃除を実践しない人に、「幸せの女神」は微笑まない。

 関連記事:「倒産する会社の方程式

        :「トイレ掃除