自画自賛力


 心が折れた人が、劇的に変化することが可能であるのが「自画自賛力」であると、原田隆史

は、言っている。

   

なぜ、可能なのか
 
 自家発電(自分で自分をほめる事)によって、自己肯定感が高まり、心の栄養を急速充電で

きるからだ。

具体的な作業は、

 ○ 今日出来たことを書く

 ○ ほめられたことを書く

 ○ 明日の予定

 ○ 今日をもう一度やり直せるとしたら

 上記項目の内容を、ノートに毎日書くだけだ。

ポイントは、

 毎日の成功(出来たこと、ほめられたこと)を、文字化する作業と継続することだと

珍太郎は思う。

 文字で残しておけば、上手くいった時の感情は、ノートを見れば、いつでも再現可能な

心の栄養になる。
 
関連文書:「感謝日記