食べることやめました。


 「野菜には、光輝くオーラだ出ている」と森美智代」は、著書「」食べることやめました」

(1日青汁1杯だけで13年)で述べている。

  


 どうしてオーラが見えるようになったのか

 著書が断食したときに、人や動植物が出す「オーラ」が見えるようになったのだ。

 断食をすると、身体の老廃物が出てしまうので、霊的パワーが高まるようだ。

 著者は、断食により野菜のまわりに、イキイキとした生命力を感じさせる何か、が

分かるようになったのだ。

 その何かが、オーラだったのだ。

 その野菜を摘んできて、青汁にして食事をとる。

 すると、生命を生かすために、ほかの命を「移す」とjか「入れる」という感覚になったそうだ。

 要は、「食事」を「ほかの生命を移す営み」として、とらえるようになったのだ。

 また、断食している人が、きれいなオーラになるのも、何度か経験したようだ。

 断食により、老廃物がなくなっていくから、オーラがきれいになるのではないか と

 で、珍太郎はどうするの
 
 オーラをきれいに、輝かせたいが著書のように食べるのをやめてしまうこともできない。

 しかし、「少食・菜食」を心掛けて、「食事」を「ほかの命を移す営み」としてとらえたい。

 関連記事「ローフード