ローフード


ローフードとは、
 
 英語で、「raw food」のことであり、「raw」生の食材を意味する。

 自然の食材(野菜や果物など)を加熱せず、生のまま丸ごと食べることだ。

 それによって、生きたビタミン、ミネラル、食物酵素を体内に取り入れる食事法だ。

    


なぜ、ローフードはいいのか、

 生きた食物酵素を体内に、取り入れることにより、体内の消化酵素や代謝酵素の節約

ができのだ。

 その結果、代謝や酵素、消化活動が改善され健康や痩身などの効果が得られる。

 また、果物や野菜には、抗酸化物質が豊富であり、アンチエイジングに効果がある。

 抗酸化物質が、活力を沸かせるため体だけでなく心の健康ににも役立っている。

ローフードは、どんなもの

 ローフード

 ○ 生野菜 フルーツ

 ○ ナッツ

 ○ ドライフルーツ

 ○ 納豆 味噌

ローフードを、実践している芸能人は

 ○ 杉田かおる(3か月で10キロの減量)

 ○ 上戸 彩 

 ○ ガクト

 ○ 藤原紀香

 ○ 釈 ゆみ子

 確かに共通項としては、みんな痩身できれいで若く見えるではないか

で、珍太郎は、

 以前に、夜だけをローフドにしたことがある。

 ニンジンとトマト、リンゴジュース(100%生果汁) をミキサーにかけて飲むだけだ。

 結果、3か月で14キロ減量した。(断酒による効果もあるのだが)

 最近、カップラーメンなどのインスタント加工食品を食べ体重増加が著しい。

 また、ローフドの実践と継続だ。