準備・実行・後始末



「仕事がデキる人」は、余裕があるが、「ダメな人」は、仕事に追われ焦りからミスを招く。

この違いは何なの
 
 「準備・実行・後始末」を、毎日実践しているか、どうかの差である。

 「仕事がデキる人」は、「準備・実行・後始末」を実践することで、「すべてに

間に合う」ことができ、余裕が生まれれる。

 「ダメな人」は、「準備・実行・後始末」を怠り、「すべてに追われてしまう」ことに

なり、焦りからミスを誘発してしまう。

イチロー選手は、

 

 メジャーリーグで活躍するイチロー選手は、「準備・実行・後始末」を怠らない。

 @「準備」:試合前の入念なストレッチや準備体操

 A「実行」:この準備があるから、集中した素晴らしいプレー

 B「後始末」:体のケア、スパイク、バット、グローブなどの手入れ

 上記のように、イチロー選手は、「準備・実行・後始末」が出来ているから一流なのだ。

で、珍太郎は、

 様々な案件を即時処理する

 @「いま、すぐにやる」(いつやるか、今でしょ)

 A「いま、断る」(出来ない事や気が向かないことは断る。安請け合いしない)

 B「いま、人に依頼する」(自分だけで仕事を抱え込まない)

 C「いま、いつやるか決める」(決めたら手帳に書き、すぐ忘れる)

  この瞬間に集中できるように、頭の中をクリアにした状態で、何事にも臨みたい。