逆パワースポット


 
 そこにいるだけで、確実に不幸になれる逆パワースポットには共通項があるようだ。


  



犯罪現場の共通項


 芸能リポーター東海林のり子の話し。


 幼児虐待や死んだ親を放置してミイラ化してしまたりとかそういう異常な現場に行き


目にする共通項があるというではないか


  『部屋にカップラーメンのカスやゴミが散乱し異臭が漂っていた。』

 
  『部屋は非常に汚く足の踏み場も無いほど荒れ放題だった』


  『洗濯物が何日も干しっ放し』


 警察官からこうゆう声があがる。


  「犯行の現場は、どうして必ずトイレと流しと洗面台が汚れているのだろう。」


  「過去の犯罪の現場で、トイレと流しと洗面台がきれいだった所は、ほとんどない。」

家賃滞納者の共通項


  不動産管理会社営業マンの話し


  アパートやマンションの共用部に、私物が置かれている。


  部屋の中は、服や、インスタントラーメン、マンガ本、ビール瓶が散乱している


  トイレや洗面所、風呂場などの水回りにはカビが生えている


  家賃を払えないくらいなので、部屋には家具やモノがなくガランとした部屋をイメージ


していたのに、モノが溢れかえり、共用部にまで私物を置いてあることだ。


で、珍太郎は何がいいたいの


  汚部屋は、『確実に不幸になれる逆パワースポット』であるということだ。


  犯罪や不幸を遠ざけるには、身の回りの片づけだ。


  恐ろしくなった珍太郎は、自身の引きこもり専用小部屋を片づけた。(画像参照)


           

 関連記事:「倒産する会社の方程式

       :「最高の神事は掃除

       :「トイレ掃除

        :「割れ窓理論