ハインリッヒの法則



  大きな事故や災害の背後には、多くのヒヤリとしたり、小さなミスの兆候があるようだ。

   

ハインリッヒの法則

  1930年代、アメリカのハインリッヒ氏が労災事故の発生確率を調査したもので、

 「1:29:300の法則」ともいわれてる。

  一つの大きな事故や災害の背後には、29の軽い事故や災害が発生している。

  その29の軽い事故や災害の背景には300の異常な状態が起きている。

  要は、一つの大きな事故が発生したら、それに至らない軽い事故が29件発生し

その裏では300もの事故につながるミスが起きているというものだ。

 で、珍太郎は何が言いたいのか

  重大な事故を起こさないためには、「割れ窓理論」で述べたように、小さなミスを放置

 しないで改善していくことだ。

  小さな兆候を見逃さないことは、へら鮒釣りでも言えるのだ。

  へら鮒釣りの経験がある人は分かると思うが、ウキに現れる兆候に気づき対処して

 いける人間だけが、大漁の釣果をえるのだ。(釣りを覚えなさい

  また、この法則は事故という悪い事態のことですが、良い事にも使えるはずだ。

  「感謝日記」で述べたように、小さな幸せを見逃さずに感謝していけば、大きな幸せ

 を手にすることができるようになるかもしれない。

  そのためには、「忍耐と信頼で述べたように、ひたすら実践を継続するだけだ。

   関連記事:「割れ窓理論

        :「釣りを覚えなさい

        :「感謝日記

        :「忍耐と信頼