八方美人



  八方美人では、他人から利用されるが信頼はされない。

  
  八方美人な政治家

  

なぜ、八方美人になるの
 
 ○ 自分に自信がないために、他人に合わせた方が楽である。

 ○ 相手に、嫌われないために、相手に妥協する。

 ○ 自分の考えや信念がないから、周りの考えや常識に流される。

 ○ 八方美人が、職場での出世の早道と考えている。

自分がつらい八方美人

 八方美人になることは、本当の自分を偽っているので心が晴れない

 人間は、「人をだましても自分を騙すことはできない」ので、自分が望む魂と現実

に行っていることに、矛盾があれば精神に破たんが来てしまうのだ。

 八方美人にとっては、相手の評価が「自分のすべて」になってしまうので、相手の

評価に怯えて、他人の価値観を生きて行くことにるのだ。

 そして他人に利用されるが、周囲から決して信頼されることはない。

で、珍太郎は何が言いたいの

 周囲に対して「群れない。媚びない。流されない。」と言うことだ。

 下記の事項をよく、胸に手を当てて考えてもらいたい。
 
 ○ 雰囲気で帰れないために、起こる「サービス残業」が本当に必要か?

 ○ 仕事の愚痴や、上司の愚痴が繰り返される「会社の飲み会」が楽しいか?

 ○ 上司に気を使いながら、プレーする「社内接待ボルフ」が楽しいか?

 違和感を感じるなら、八方美人から徐々に脱皮するしかないのだ。

 そして、「投資の目的」で述べたように「自分の時間」を大切することだ。
 
 参考記事:「投資の目的