マルチタスクは、有効か



  複数の作業を同時にこなすことが、仕事の効率になっているのか

     

現状は、マルチタスク

  組織において社員は、いかに複数のプロジェクトを並行して進められるかにより

  評価されている。

  個人では資料を作成しながら電話をかけ、その片手間にメールを送信する人もいる。

  しかし昔からそうだったのだろうか?

  「効率よく仕事をしたければ、ひとつのことに集中しなさい。一度にいろいろなことを

  してはいけません」 こう言われた経験があるはずだ。

しかし脳の機能は

  脳は順番にものごとを処理することしかできない、つまり一度に一つの入力しか受け

  取れないようだ。

  人は仕事中にメールや電話によって邪魔される時、IQが10も下がるというではないか

  このIQ(思考力)の低下は徹夜明けの時と同等であり、大麻吸引時の2倍に匹敵する

  というのだ。

  複数のことを同時にやれば、生産性は最大40%も下がるという研究結果がある。

  脳は、マルチタスクで処理しているのではない。

  ひとつのタスクから別のタスクに素早く切り替えているだけだ。

  これによって自分の集中力を自分で非生産的にしているのだ。

  集中力を要するへら鮒釣りでは、竿を2本同時に並べても、2倍の釣果は期待でない。

  それどころか、集中できないので1本の竿で釣った方が釣果は良いのだ。

で、珍太郎は何がいいたの

  「情報洪水症候群」でも述べたが、集中を妨げる情報をシャットアウトすることだ。

  「5Sとは」で述べたように、脳の状態、仕事のパフォーマンスと相関関係があるので

  整理整頓は重要だ。

  関連文書:「情報洪水症候群

      「5Sとは、