他人と比較しない



  他人と比較することが不幸の始まりである。

        

 なんでだろう

 旧約聖書

  アダムとイブも「互いの」性の違いに気づき、男女の違いを「比較した」ことが不幸の

  始まりと言われている。

  魔界の大蛇が人間(アダムとイブ)に教えたことは、「比較する」ことだったのだ。

  大蛇が比較することを教えてからは、他人に対して優越感や嫉妬心が生じてしまった。

 優越感

  人は他人と比較して優越感を得たい思っているのではないか?

  他人と比較して優越感に浸る人は、自分軸がなく他人軸に左右される他人軸に左右

  される生き方になってしまう。

 嫉妬心

  人は他人と比較するから、嫉妬や劣等感などの不幸を感じてしまうのではないか?

  下記に、偉人たちが残した比較することに関するこ言葉を紹介

 (1)ベーコン

  「嫉妬はつねに、他人との比較においてであり、比較のないところに嫉妬はない」

 (2)ラッセル
 
  「他人としてものを考える習慣は、致命的な習慣である」

 (3)武者小路実篤

  「もし他人と比較して自分の方が幸福だと感じて、得意になる人があればそれは

  本当の幸福人でなく贋物の幸福人で、自分より幸福なものを見ると嫉妬を起こす

  であるう。天対的でなく対人的だからである」

 で、珍太郎は何がいいたの

  珍太郎は趣味の釣りでさえ、他人より多く釣れば優越感を感じ、他人が釣れだすと

  嫉妬する始末だ。

  他人との比較による競争社会の洗脳が解ければ、仕事も釣りも楽しめるはずだ。

  そのためには、「自分軸と他人軸」で述べたように、自分の価値観を確立しなければ

  ならない
 
  関連文書「自分軸と他人軸